犬のコラム

プーチン大統領に贈られた秋田犬「ゆめ」の現在

更新日:

秋田犬

秋田犬のゆめちゃんがプーチン大統領の元へ贈られてから数年が経ちました。

当時はプーチン大統領に大切にされていることがメディアでも報道されていましたが、最近ではそのような記事を見かけなくなったので、今でもゆめちゃんは元気に過ごしているのか調べてみました。

プーチン大統領の秋田犬「ゆめ」

モフモフで愛嬌のあるゆめちゃんにプーチン大統領はメロメロのご様子♪ゆめちゃんがロシアに贈られた理由や、名前の由来といっしょにみていきましょう。

ゆめが贈られた理由と名前の由来

日本で大きな被害があった東日本大震災の時にロシアから支援していただいたので、その感謝のしるしとして、犬好きのプーチン大統領へ秋田県知事よりゆめちゃんが贈られました。

「ゆめ」という名前の由来は、プーチン大統領が日本の「夢」から名付けたそうです。明るい未来を想像できるすてきな名前ですよね(*^-^*)

そういえばロシアのフィギュアスケート選手であるザギトワ選手も、2018年に念願の秋田犬(マサル)をプレゼントされていました。ロシアではプーチン大統領が飼ったことから人気に火がついたようで、現在でも人気の犬種だそうです。

クールなプーチン大統領もメロメロ

プーチン大統領は元スパイという経歴の持ち主で、政治でも有無を言わせず笑顔を見せないことで有名ですが、そんな彼からは想像できないほどの大の犬好き♡ゆめちゃんとふれ合うときは、テレビでは見たことのない優しい笑顔がカメラにおさめられています。

モスクワで開かれたインタビューにもゆめを連れてくる溺愛ぶりで、大勢の記者にびっくりして吠えるゆめに対して、「ゆめはわたしを警護している」と表現している姿がすてきでした。

ベルディムハメドフ大統領の犬の扱いにヒヤリ

トルクメニスタンのベルディムハメドフ大統領から、プーチン大統領の誕生日にアラバイ犬が贈られる際、ベルディムハメドフ大統領が子犬の首をつかんで記者に見せる場面がありました。

「いやいやその持ち方はダメでしょ!」と言わんばかりに、すかさずプーチン大統領が立ち上がり子犬を抱きしめてキス。「痛かったよね」という心の声が聞こえてくるようなシーンでした。

ゆめのその後

2018年のプーチン大統領のカレンダーが販売されているのですが、なんと表紙はゆめとプーチン大統領!ロシアにも日本と同じように干支があるそうなので、戌年にあわせて販売されたようです。

表紙以外にもゆめとたわむれる姿を見つけることができたので、今も変わらず愛情いっぱいに育ててもらっていることが伝わってきました♪

秋田犬ってどんな犬?

秋田犬

原産地 秋田県北部地方
毛色 赤毛/白毛/虎毛
毛質 ダブルコート
大きさ オス67cm前後/メス61cm前後
体重 オス50~59kg/メス40~50kg
性格 飼い主に忠実/勇敢/賢い/友好的
平均寿命 10~15年
好発性疾患 皮膚病/へそヘルニア/眼けん内反症

秋田犬で有名な忠犬ハチ公や秋田犬の基本的な性格を見てみると、ものすごく飼いやすい犬種のように思えますが、実はしつけが難しい犬種なんです。

しつけがうまくいかなかった場合、凶暴性のある性格になってしまう可能性があるので、主従関係をしっかりと教えておく必要があります。

人気があるから・かわいいからといった軽い気持ちで飼うにはむずかしい犬種なので、秋田犬を飼う場合はしっかりとしつけの方法を学んでおいてくださいね。

まとめ

秋田犬

日本から異国へと渡ったゆめちゃんでしたが、いまも元気に暮らしていることがわかって安心しました。なにかの機会に、またメディアでゆめちゃんの元気な姿が見られるとうれしいですね(^^♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Copyright© WANKO , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.