ドッグフードの知識

ミートミールとは?その健康被害と安全なドッグフードの見極め方まで

投稿日:

ドッグフード

みなさんはドッグフードの原材料をしっかりと確認していますか?

「日本で販売しているから…、有名な会社だから…」

と安心していると大変です!

ミートミールとはどのようなものなのか、その危険性と健康被害についてご説明していきたいと思います。

ミートミールに注意!

犬 注意

日本のペットフード公正取引協議会の栄養基準となっている、米国飼料検査官協会(AAFCO)の定義によると、ミートミールとは「動物の肉や組織から脂肪分を抽出(レンダリング)したものを乾燥させて粉末状(肉骨粉)にした素材」のことを指します。

AAFCOが定めるミートミールは、動物の【血液・毛・ひづめ・角・胃などの内容物・糞などの排せつ物】を取り除いたものですが、これはあくまでもAAFCOが定めているだけで日本の強制力がないのが現状です。

これらを取り除くには大量の費用がかかるので、多くのミートミールは肉以外の部位も含まれてしまっているのです。

何肉なのかわからない

ミートミールと記載されている場合は、哺乳類の動物の何らかの肉が使用されているため、アレルギー症状がでた場合に何が原因か特定することが難しくなります。

また、【血液・毛・骨やひづめ・角・胃などの内容物・糞などの排せつ物】が含まれていなかったとしても、“4Dミート”が含まれている可能性があるので要注意です。

4Dミートってなに?

4Dミート

DEAD 死亡した動物の肉
DYING 死にかけの動物の肉
DISABLED 障害のある動物の肉
DISEASED 病気の動物の肉

人間が決して口にすることのない肉が、ミートミールには含まれている可能性があります。

このような粗悪な肉を使用する場合は薬剤や添加物をたっぷり使用しているので、決して身体に良い食べものとは言えません。

原材料名をチェックしよう

原材料の欄には、もっとも多い原料名から記載されています。

ミートミールを指す原材料

  • ○○パウダー
  • ○○エキス
  • 肉類
  • 肉副産物

という名称はミートミールを指し、品質の悪い肉が使用されている可能性が高いので注意してください。

また、 “等”というあいまいな表記も何が含まれているかわからないのでNGです。

粗悪なフードを食べ続ける危険性

ドッグフード

特に注意が必要な原材料

保存料/酸化防止剤 エトキシキン/BHA/BHT
保存料/防腐剤 ソルビン酸カリウム
酸化防止剤 没食子酸プロピル
防腐剤 亜硝酸ナトリウム
保湿/制菌 プロピレングリコール
甘味料 ソルビトール/ビートパルプ/グリシリジン/ アンモニエート/コーンシロップ/キシリトール
合成着色料 赤色○号・青色○号
合成調味料 香料

腐食しやすい部位が混入しているため、薬剤が多く使用されている可能性があります。

薬剤の使用基準がないため、どんな薬剤がどれだけの量使用されているのかは不明で、それらの薬品には発がん性や臓器障害を引きおこす危険性があります。

また、肉副産物を使用しているため肉の香りがしないことから、香りや食いつきを良くするために添加物や動物性油脂がたっぷり使用されています。

こちらも安全基準が設けられていないので、胃腸への負担・肝機能への影響がある可能性があります。

これらの薬品や添加物が含まれたドッグフードを長期間摂取することで、体内に蓄積されることで重大な疾患やアレルギーを引きおこす危険性があるので注意してください。

ペットフード安全法で守られていないの?

日本では農林水産省によるペットフード安全法が定められています。なら安全なのでは?と思いますが、いくつか気になる点もありました。

ペットフード成分規格

添加物の欄に“危険な成分”として紹介した「エトキシキン・BHA・BHT」が含まれていますね。

上限値は設けられているものの、食べ続けることへの健康被害や安全性に不安が残ります。

ペットフード成分規格

その他にも【安全基準の追加・見直し】の欄にこれらの成分が表記されていましたが、どれもからだに良い成分とは言えません。

平成21年に作られたこれらの基準は未だに見直される事なく、現在もドッグフードに使用されているのが現状です。

ペットフード安全法はこちら確認することができます。

ペットフード安全法についてのパンフレット

安全なミートミールの見極め方

犬

すべてのミートミールが危険というわけではなく、生肉よりも栄養価が高くなる乾燥肉を使用している場合も「○○ミール」と表記されている場合があります。

では、安全なミールと粗悪なミールをどのように見極めればいいのでしょうか?その方法とは、ペットフードメーカーの公式HPを確認することです!

最近ではミートミールの危険性について多くの消費者が認識しているので、安全なミートミールを使用しているペットフードメーカーは、副産物不使用・肉のグレード・製造方法などが明記されています。

安全なドッグフードを選ぶ1つの指針として、きちんと把握しておくことが大切ではないでしょうか。

安全なドッグフードを選ぶポイント

ポイント

  1. 危険な添加物が含まれていない
  2. グレインフリーか、グルテンフリーを選ぶ
  3. たんぱく質は50%以上が理想
  4. 粗悪なお肉が使われていない(4Dミート)

粗悪なお肉であるミートミール以外にも、安全なドッグフードを選ぶポイントがあります。詳しくはこちらの記事でご紹介していますので、興味のある方は読んでみてください(*^-^*)

ミートミールまとめ

有名なペットフードの会社だから…日本で販売されているから…と楽観視しているのはわたしだけではないのではないかと思い、今回記事にさせていただきました。

愛犬の健康を守る知識を、少しでも多くの飼い主さんに伝えていけたらと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ガイドメニュー

Copyright© わんこの暮らし , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.