犬の飼い方

犬の血便、下痢は動物病院に行くべき!?その原因と嘔吐の対処法まで

更新日:

犬もわたしたち人間とおなじで、うんちは健康のバロメーターです。

血便や下痢がでるということは、からだの中でなんらかの異常がおこっている症状なので、なにが原因なのかどのように対処するべきなのかご紹介していきたいとおもいます。

すぐに動物病院に連れて行くべき症状もご紹介していますので、愛犬が血便や下痢がでたときの参考にしてみてください。

また、よく嘔吐をしてしまう愛犬がおおいということで、嘔吐の原因や対処法についてもご紹介していきたいとおもいます。

愛犬に血便が出る7つの原因

  1. 下痢や便秘
  2. 肛門系疾患
  3. 大腸系疾患
  4. 突発性大腸炎
  5. 出血性胃腸炎
  6. 中毒
  7. パルボウイルス感染症

原因によって血便の形状・色がことなりますので、原因別で血便の状態をみていきましょう。

検査費用からみる

下痢の原因からみる

パルボウイルス感染症「赤い水様便」

悪臭のつよい赤い水様便がでた時は要注意です。パルボウイルスの感染症の場合、発症してから7日以内に死亡するケースがおおいという非常にキケンな病気です。

血便がでる前に、嘔吐や下痢の症状があらわれた場合はすぐに動物病院でみてもらいましょう。パルボウイルス感染症は、年に1度のワクチン接種で予防することができるので、5種以上の混合ワクチンを接種するようにしましょう。

ワクチンでアレルギーがでてしまう子もいるので、アレルギーが少ない種類や、アレルギーをおさえる薬もあるので、獣医師と相談してみてください。

下痢や便秘「便のまわりに血」

下痢や便秘をくり返しておしりが痛い…なんて経験はありませんか?

犬もおなじで、下痢や便秘をくりかえすことで肛門やそのまわりをきずつけて血便がでることがあります。下痢や便秘を解消することで血便はおさまりますが、くりかえす場合は獣医師に相談してください。

肛門系疾患「便のまわりにあざやかな血」

肛門付近にポリープや腫瘍があったり、会陰(えいん)ヘルニアといって筋肉が低下することで排便が困難になっている場合もあります。

大腸系疾患「粘りのある血便や赤い水様便」

肛門系疾患と区別がつきにくい症状ですが、吐血や下血(どばっと出血すること)がある場合は、大腸系の疾患がうたがわれます。早期発見により完治する病気なので、すぐにみてもらうようにしましょう。

突発性大腸炎「ゼリー状の血便」

アレルギーやストレス、食べすぎといったことが原因でおこる血便です。これらの場合は生活習慣をみなおしたり、アレルギー検査をおこなうことで改善することができますが、寄生虫の可能性もかんがえられるので一度検査をしてみてください。

出血性胃腸炎「ジャムのような血便」

胃や腸が炎症をおこしている状態で、小型犬におおい症状です。出血と下痢による貧血・脱水症状に注意が必要です。

中毒「血のまざった下痢」

犬にあたえてはいけないネギなどを誤食してしまった場合におこります。そのほかにも下痢・嘔吐・震え・呼吸困難などといった症状もあり、いのちのキケンがあるのですぐに動物病院で処置をしてもらってください。

こんな血便はすぐ動物病院へ!

  • 黒いタール便
  • 真っ赤な血がついた便
  • 赤い水様便
  • 肛門付近からの出血

血便にもいろんな種類があります。血便の種類によって原因がことなりますが、上記のような血便が出たときは要注意です!どのような便の状態なのか、どのような病気の可能性があるのかくわしくみていきましょう。

黒いタール便

黒いドロッとした便は、胃や腸の炎症や腫瘍・感染症・中毒などが原因で、消化管の上部から大量出血をおこしているという重度な症状です。

真っ赤な血がついた便

鮮血が混じっている場合は大腸が炎症をおこしている可能性があります。白い粘液がついている場合も大腸炎の可能性があるので、獣医師に相談してください。

赤い水様便

寄生虫や感染症による危険な状態で、いのちのキケンもある症状です。失血性ショックを起こす可能性もあるので、救急で診察してもらう必要があります。

肛門付近からの出血

便秘によってうんちが硬くなり、肛門やそのまわりをきずつけて出血している可能性があります。腫瘍やポリープの可能性もあるので、くりかえす場合は動物病院でみてもらいましょう。

犬の血便や下痢の検査項目と費用

種類 費用 内容
検便 500~
1,000円
寄生虫などの感染症の可能性がある場合に行われます。
レントゲン検査 3,000円程度 胃の中や腸のなかに異物がないかを確認します。
パルボウイルス検査 4,000~
6,000円
血液検査や検査キットで診断します。
超音波
エコー検査
4,000円程度 腸管のむくみなどがわかるので、炎症がないかを確認します。

血便や下痢の原因をしらべるために、どのような検査と費用がかかるのかまとめました。

検便の場合

血便や下痢がでた時に、うんちをどうしたらいいのか悩む飼い主さんがおおいようですが、いちはやく原因をみつけるためにも、できるだけ持参しましょう。

感染症の可能性もかんがえられるので、便をひろう時はつかい捨ての手袋をして、サランラップでつつみ、さらにビニール袋にいれていきましょう。むずかしい場合は写真にとっておくのもおすすめです。

血便の原因に戻る

愛犬に下痢がでる7つの原因

  1. がん
  2. 食事 
  3. ストレス
  4. 感染症
  5. 慢性腸炎
  6. 中毒
  7. 重度の胃潰瘍やすい炎

原因によって下痢の形状・色がことなりますので、原因別で下痢の状態をみていきましょう。

がん「血がまじっている下痢」

実は犬の病死のトップは人間とおなじ「がん」なんです。胃や腸のがんの場合、便秘・下痢・嘔吐といった症状がみられますが、他の病気の症状ともよく似ていて、初期での発見はむずかしいといわれています。

そのほかの症状としては、腹水がたまっておなかがポッコリして食欲がなくなったり、呼吸が苦しそうなどといった症状がみられます。

しかし、腹水がたまった状態は末期の症状なのです。定期的な健康診断(ドッグドック)を受けたり、愛犬のちいさな変化に気づくことが早期発見につながるかもしれません。

食事「水分量のおおい軟便」

ドッグフードをきりかえる時に、急にあたらしいフードにしませんでしたか?

犬のフードの切りかえは慎重におこなう必要があるので、1週間から10日間くらいかけてあたらしいフードに切りかえていきます。1日目は旧フード:新フードを9:1のわり合いで、2日目は8:2、3日目は7:3とすこしずつ増やしていきましょう。

ストレス「ゼリー状の下痢」

犬にとっては「毎日おなじ」ということが安心できる生活なのですが、環境が変化したり、いつもと違うことがおこるといったストレスから下痢になってしまいます。

敏感な犬の場合、小さなことでもストレスになってしまいますので、愛犬の様子をチェックして、なににストレスを感じているのか把握しておきましょう。

感染症「緑やあざやかな色の血がついた下痢」

ひろい食いなど、菌がついた食べものを口にすることで、サルモネラ菌やカンピロバクターなどの細菌に感染している可能性があります。

他にもパルボウイルスなどといったウイルス感染の可能性もありますので、飼い主としてできるワクチン予防を忘れないようにしましょう。

慢性腸炎「粘りのあるタール状の下痢」

大腸と小腸の粘膜が炎症をくりかえしている状態です。原因は細菌感染・寄生虫・アレルギーなど、さまざまな原因がかんがえられますので、下痢をくりかえす原因をつきとめることが必要となります。

この状態をほうっておくと、ごはんを食べても腸から栄養が吸収できなくなり、栄養失調になりかねません。おなかがふくれている、口臭がきつい、水を大量に飲むといった症状があらわれている場合は、すぐに治療を開始しましょう。

中毒「ゼリー状の下痢」

下痢とあわせて嘔吐やぐったりした状態の場合、ネギ類やチョコレートといった犬が口にしてはいけない食べものを誤食してしまった可能性があります。誤食はいのちにかかわる場合も十分にありますので、動物病院で適切な処置をうけてください。

重度の胃潰瘍やすい炎「黄色っぽい下痢」

胃潰瘍ときくとストレスをイメージしがちですが、病気や薬物投与、寄生虫といったことが原因で胃の粘膜が機能していない場合もあります。胃がいたくて背中をまるめたり、食欲不振・嘔吐・吐血・発熱などの症状がみられます。

また、すい炎が炎症をおこした状態がつづいた場合、すい臓がすこしずつ破壊されて糖尿病を発症することもあります。早期発見がたいせつなので、すぐに獣医師に相談してください。

こんな下痢はすぐ動物病院へ!

  • 水様便
  • 下痢にゼリー状の粘液がまじっている
  • 下痢に粘膜や赤い血がまじっている
  • 嘔吐をともなう下痢

便のかたちがあるような軟便や、1日でおさまる下痢、下痢をしても食欲があるようなら様子を見ても大丈夫ですが、2日以上続くようなら動物病院で検査をする必要があります。

とくに上記の症状は、腸炎・大腸炎・消化管に病気がかくれている場合があります。嘔吐をともなう場合は、胃腸炎・すい炎・大腸炎・パルボウイルス腸炎の可能性もかんがえられますので、すぐに検査をしてもらいましょう。

血便の原因に戻る

愛犬が嘔吐するときの対処法

犬の場合、嘔吐をしても他に症状がなく元気がある場合は様子をみて大丈夫です。食べすぎたり、空腹だったり、消化不良をおこしている時にも嘔吐をするので、吐いた後の愛犬の様子が肝心です。

ただし、ぐったりしたり血便や下痢など他の症状がみられる場合には、なにかしらの病気が隠れている可能性が高いので、すぐに動物病院へ連れて行ってください。

空腹で嘔吐している場合をのぞいては、半日から1日ほど水や食事をひかえて嘔吐をくりかえさないようにします。嘔吐がおさまっていれば、徐々に水や食事をあたえてください。カリカリフードはお湯でふやかしてあげると消化しやすいですよ。

繰り返す血便・下痢はどうしたらいいの?

「動物病院で薬をもらったのに治らない…」
「血便や下痢が治ってもまたくりかえす…」

といった、愛犬のくりかえす症状に心配している飼い主さんがおおいようです。なぜ完治しないのかというと、診断結果が十分ではない可能性があります。

病院の大きさによっては検査できる項目が限られていたり、しっかりとした検査を行わずに投薬をする獣医師もいます。愛犬が血便や下痢をくりかえす場合はかならず原因がかくれていますので、セカンドオピニオンを活用することをおすすめします。

その子にあった治療法を早期にみつけることで、痛みをとりのぞいてあげられたり、いのちを救うことができたりするので、完治しない場合はかならずセカンドオピニオンを活用してくださいね。

犬の血便、下痢の原因まとめ

今回は犬の血便・下痢・嘔吐についてご紹介しました。愛犬がこれらの症状を発症したら、どうしてもビックリしてしまいますよね。

「あれがダメだったのかな…?」「なにかの病気かな…?」と、不安な時間を過ごしているのではないでしょうか。

それでも愛犬を守れるのはあなただけ!便や嘔吐物の現物か写真、愛犬の様子の詳細などを獣医師に伝えることが、おおきな判断材料になる場合があります。

愛犬の情報を伝えるなかで改善すべき点や、病気の可能性、治療方法などをかんがえてくれるので、これだけはしっかりと覚えておいてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Copyright© WANKO , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.